理事長挨拶

当財団は、格差が拡大・固定化し、不安定な就労と貧困が増大するなど、社会の持続可能性が脅かされている今日の我が国の中で、働くことに最も重要な価値を置き、経済的自立、社会的自立を前提として、支えあう人と人との絆が強く結ばれた社会を実現するために設立されました。
労働や労働者福祉事業に関する調査研究、雇用・就労支援事業、労働組合や労働者福祉事業などの組織リーダーとなる人材育成など国内外の公益事業、公益的事業に対して助成することを主たる任務としております。

とりわけ、組織リーダーとなる人材育成の面では、当財団は連合、労金協会、全労済、中央労福協、日本労信協等とともに、労働運動、社会運動に関わる理念と歴史を含む基礎的知識、各種団体の活動・管理方法、法知識などについて、体系的に学び、課程を修了した者に対しては、「修士」の学位を授与する法政大学大学院連帯社会インスティテュート(通称・連合大学院)事業を進めています。また、この「連合大学院」と連携しながら社会的連帯の理論と実践、及び他の研究機関との交流を目的とした連帯社会研究交流センターを運営しています。

今、私たちは時代の大きな転換点に立っています。
市場にすべてを任せていては、成長も人々の幸せも実現することはできません。当財団は、誰もが多様な働き方を通じて社会に参加でき、社会的にも経済的にも自立し、そして自立することを支えあう社会、「働くことを軸とする安心社会」の実現に寄与するべく尽力してまいります。

最後に、当財団は、多くの方々の善意により事業の遂行が可能となります。皆様方からのご支援・ご協力、寄附を重ねてお願いし、今後の事業展開にあたっての決意とさせていただきたいと存じます。